予防をしていてもインフルエンザにかかってしまう事は、あると思います。病院などに行ってリレンザを処方されたけども持病がある人が併用しても大丈夫なのか、病気が悪化したりしないのか、等の疑問を持ちました。実際はどうなのか調べてみました。

インフルエンザの薬、リレンザ

喘息患者はリレンザを併用してはいけない?

 喘息患者はリレンザを併用してはいけないということはありませんが、吸入薬であるため、十分に注意を払うことが求められます。喘息用の吸入薬を併用する場合は、喘息用の吸入薬を先に使用するようにしなくてはなりません。気管支が弱いと、吸入の際にむせることが多いものです。そこで咳込んで咳が止まらなくなり、呼吸困難に陥ることもあります。そのため、あらかじめ喘息用の吸入薬を使用し、用心しておくことが望まれます。
 リレンザを使用すると、喘息患者の場合、気管支が収縮してしまうことがあります。そうなると、喘息の発作につながりかねません。そのため、リレンザを使用する前に、気管支を一時的に拡張させる薬を使用することが大事です。 
 リレンザは、インフルエンザの予防にも使えます。インフルエンザの患者と同居している65歳以上の高齢者か、慢性呼吸器疾患を持つ病人などに使用が認められています。都道府県によっては、そうした条件を満たさなくても、医師の判断で予防薬として使える場合があります。インフルエンザの感染者と同居していれば、普通は100人中9人くらいはうつりますが、それが100人中1人程度となるので、かなりの予防効果があると言えるでしょう。喘息患者でしかも高齢者なら、ぜひとも使わせたいものです。予防のための使用ですから、保険は効きませんが、喘息患者の高齢者がインフルエンザにかからなくて済むなら、その価値はあると考えられます。
 ただ、常に副作用の危険は、普通の人より多くあることも考慮しなくてはなりません。吸入時に気管支が収縮しないよう、細心の注意を払うことです。喘息用の吸入薬をあらかじめ使用することは不可欠と考えておきましょう。